ホーム >  専門家コラム > リアル消費者道

リアル消費者道|森田 満樹

どんなコラム?
巷で紹介される消費者って何だかワンパターン。でも、私のまわりの消費者はもっと多様で面白い。新しい消費者像をリアルに伝えたい。
プロフィール
九州大学農学部卒業後、食品会社研究所、業界誌、民間調査会社等を経て、現在はフリーの消費生活コンサルタント、ライター。
アメリカのトランス脂肪酸をめぐる日本の報道は? (2015年6月27日)
アメリカのトランス脂肪酸をめぐるニュースが、6月中旬から様々なメディアで発信されています。16日に「米、トランス脂肪酸禁止…数千件の心臓発作予防(読売新聞)」「トランス脂肪酸、食…【全文を読む】
食品の異物混入 消費者と事業者に求められる対応は? (2015年1月14日)
食品の異物混入が話題となっています。虫やビニール片など、本来その食品に入るはずなかった異物の映像が、次々とニュースで流されるのは気持ちのよいものではありません。人気商品であればな…【全文を読む】
福島の試験操業を視察 東京でも県産マガレイを買いました (2014年10月24日)
福島県産の農林水産物の風評払拭のため、県は「新生!ふくしまの恵み発信事業」と名付けた広報活動を行っています。今年度のテーマは漁業の復興。2014年10月8日、活動の一環としてメデ…【全文を読む】
食品リコールからみるアクリフーズ事件 (2014年1月23日)
食品リコールにおいて一番重要なのは、健康危害を引き起こすおそれが大きい食品の場合、いかに迅速かつ徹底的に回収するかである。アクリフーズ事件は、これまでの食品の自主回収とはまるで違…【全文を読む】
福島のお米「天のつぶ」とメディアツアー (2013年10月25日)
福島県は現在、農林水産物の風評被害対策として「新生!ふくしまの恵み発信事業」と名付けた広報事業を行っています。その一つに位置付けられているのがメディア向けセミナーとツアーで、夏は…【全文を読む】
食品安全委員会の10年を振り返る (2013年7月11日)
食品安全委員会が内閣府に設置された2003年7月1日から、10年が経ちました。リスク管理とリスク評価を分離、独立させることで、何ができて、何ができなかったのか。食品安全委員会の1…【全文を読む】
正確じゃなくても栄養表示がOKに? 栄養表示基準改正案ただいまパブコメ募集中 (2013年5月31日)
現在、消費者庁が栄養表示基準の改正案について国民の意見を募集中です(2013年6月12日まで)。 改正案の最大のポイントは、現行の表示ルールを維持しつつ、新たに「現行ルー…【全文を読む】
何だかおかしい エリスリトールのアレルギー報道 (2013年5月24日)
2013年5月10日、NHKが朝のニュースで、甘味料が原因とみられる食物アレルギーについて報道しました。報道はそれっきりだったのですが、その後、この問題は14日、23日の国会(衆…【全文を読む】
TPP交渉参加 改めて日米の食品添加物の制度を考える (2013年4月26日)
日本のTPP(環太平洋経済連携協定)協定交渉が進む中で、「TPP参加によって食の安全が脅かされる」と懸念する報道をよく見かけます。特に最近、日米両政府の事前協議(2013年4月1…【全文を読む】
もったいない!ウーロン茶葉の自主回収 (2012年12月18日)
2012年12月10日、株式会社伊藤園の「ウーロン茶ティーバッグ(54袋入り)」など3製品の自主回収がテレビや新聞で報道されました。製品より2農薬が国の基準値を超えて検出されたと…【全文を読む】
「毒ギョーザ事件がまた起こる社会?」中国の食品安全の現状は (2012年10月18日)
尖閣諸島国有化後の日中関係の悪化を受けて、「中国産食品はやはり危ない」という報道が一部でみられます。日本人への怒りから中国の生産現場で毒物が混入されて、2008年の中国餃子事件と…【全文を読む】
もっと早く自主回収できなかったか 岩井食品の「白菜きりづけ」 (2012年8月24日)
札幌市内の食品メーカー、岩井食品の浅漬け「白菜きりづけ」による腸管出血性大腸菌O157の集団食中毒は、8月23日現在で患者が100名を超え、死者7名が報告されている。問題の浅漬け…【全文を読む】
黄色い食品どうなる?未審査添加物リボフラビン問題 (2012年2月3日)
リボフラビン(ビタミンB2)は医薬品原料として知られていますが、食品の世界では食品添加物の着色料、栄養強化剤として広く使われています。たとえば、スポーツ飲料の蛍光色の強い黄色はリ…【全文を読む】
福島の桃 おいしく頂きましたーその2 (2011年9月8日)
前回、「福島の桃おいしく頂きました」というコラムを書いたところ、福島県の農業関係者の方からご連絡を頂いた。「震災後は応援ムードもあり、それなりに取引されてきていましたが、7月の…【全文を読む】
福島の桃 おいしく頂きました (2011年8月25日)
このところ、福島の桃を毎日食べている。 きっかけは、放射能関連のシンポジウムで聞いた、ある福島県の農家の話だ。彼は意見交換の場で「風評被害に苦しみながら、消費者に少しでも安心…【全文を読む】
食品安全委員会は役割を果たしたか (2011年4月1日)
●放射性物質に関する緊急取りまとめ 食品安全委員会は、放射性物質の指標値に関する食品健康影響評価について、3月22日から29日までにあわせて5回の会合を行い、29日に「放射性…【全文を読む】

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM お役立ちリンク集