ホーム >  専門家コラム > 投稿コーナー

投稿コーナー

どんなコラム?
連載陣とは別に、多くの方々からのご寄稿を受け付けます。info@foocom.netへご連絡ください。事務局で検討のうえ、掲載させていただきます。お断りする場合もありますので、ご了承ください
「衛生唱歌」と「害虫唱歌」を聴いて(柏田雄三さん) (2015年7月24日)
柏田雄三さん 今年の1月10日に埼玉県が開催した「第10回埼玉県食の安心県民の集い」に参加した。㈱久松農園代表久松達央氏の「“無農薬野菜”はもう売れない」と言う題名の講演…【全文を読む】
「新たな食品の機能性表示制度」の行方を憂慮する(高橋久仁子さん) (2014年7月2日)
1.はじめに 群馬大学名誉教授高橋久仁子さん 昨年(2013年)の6月5日に規制改革会議が「一般健康食品の機能性表示を可能とする仕組みの整備」を盛り込んだ答申を発表…【全文を読む】
「いわゆる介護食品の定義に関する考え方」についてのパブコメ募集中(菅 いづみさん) (2014年2月13日)
「介護食品のあり方に関する検討会議」が昨年10月、農水省に設置され、議論が行われています。これは、昨年2月から7月にかけて開かれた「これからの介護食品をめぐる論点整理の会」を受け…【全文を読む】
「食べるたのしみ」にこだわり抜いた「これからの介護食品をめぐる論点」がまとまりました(菅 いづみさん) (2013年7月29日)
農林水産省食料産業局が今年2月から7月まで開催した「これからの介護食品をめぐる論点整理の会」が5回にわたる論議を整理し論点をまとめました。 (実はネーミングも今後の検討課題…【全文を読む】
「熊蜂の飛行」から蜂のクラシック音楽をたどる(柏田雄三さん) (2013年4月15日)
柏田雄三さん クマバチ=柏田雄三さん撮影 昨年このサイトに寄せた小…【全文を読む】
「真の消費者」について考える(生活協同組合コープこうべ参与 伊藤潤子さん) (2013年2月7日)
「真の消費者」という言葉がいくつかの集会・委員会などで用いられているということを、FOOCOM・森田さんの文章で知りました。この事実を知らなかったこと自体、私の情報からの遠さを証…【全文を読む】
北海道の海産物の安全性、事実を知ってほしい〜道主査の詳細解説(片瀬久美子さんによるリポート) (2012年10月24日)
北海道のマダラで、基準値ぎりぎりの100Bq/kgの放射性セシウムが今年10月12日に検出されたことで、「北海道の魚にまで汚染が広がりつつあり、大丈夫なのか?」という不安の声が上…【全文を読む】
クラシック音楽から聞こえてくる害虫の音色は(柏田雄三さん) (2012年5月29日)
音楽には動物、植物、鳥、自然、季節、天体、絵画などを取りあげたり、曲名にしたりしたものがたくさんある。 そこには昆虫を題材にした音楽も少なくないが、こと害虫を取り上げた曲とな…【全文を読む】
新容器を採用したしょうゆ「鮮度の一滴」の衝撃(横山 勉さん) (2012年3月21日)
○はじめに しょうゆの最大の生産地は千葉県である。大消費地となった江戸へ供給するために、江戸時代初期から発展してきた。醸造と水運の適地だった野田市にトップメーカーのキッコー…【全文を読む】
「出荷禁止」を守らなかった農家は、責められて当然か?(久松達央さん) (2011年5月12日)
本欄では、食をめぐるさまざまな議論を活発化させるため、多様な意見を掲載します。投稿内容は筆者の責任に基づくもので、事務局とは意見が一致しない場合もあります。 …………………………【全文を読む】
消費者も試されている(伊藤潤子さん) (2011年3月30日)
今回の東日本を襲った震災の被害の大きさに言葉もない。私は16年前、明石市で阪神・淡路大震災を経験した。その時、離れた地の人々が「それぞれの立場で応援してくれている」ことを知…【全文を読む】

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM お役立ちリンク集