ホーム >  食品表示・考

食品表示・考

中国の輸入冷凍食品コロナ対策 その目的と影響は? (2020年11月30日)
中国では今年6月頃から、輸入冷凍食品に新型コロナウイルスが付着しているかどうか、盛んに検査が行われています。検出されると、輸入の一時停止や過剰な衛生管理などの対策を求め、これが貿易…【全文を読む】
食品安全文化とは? 欧米豪で導入されコーデックスでも採択 (2020年11月19日)
最近、世界の食品安全分野で「Food Safety Culture」ということばをよく聞くようになりました。そのまま訳すと「食品安全文化」でしょうか。文化というと、日本では食文化の…【全文を読む】
日本食品標準成分表(八訂)が2020年末に公表、食品表示への影響は? (2020年11月12日)
食品成分のデータベースとなる「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」が、2020年末のクリスマスの頃に文部科学省より公表される予定です。今回、特に大きく変わるのが「エネルギー値の…【全文を読む】
消費者庁 魚介類の名称ガイドライン改正と、新しい名前の手続き公表 (2020年10月1日)
最近、スーパーで「バサ」など馴染みのない魚の名前の表示を見かけます。一瞬「サバ」の誤字かと思いきや、そうではなく白身です。タラのような味がしますがナマズの仲間で、「バンガシウス」と…【全文を読む】
【新刊紹介】食品添加物はなぜ嫌われるのか (2020年7月9日)
食品添加物はなぜ嫌われるのか(画像:株式会社化学同人社より提供) 畝山智香子さん(国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長)の新著「食品添加物はなぜ嫌われるのか食品情報を『正し…【全文を読む】
改正食品衛生法が2020年6月1日に施行 食品安全のレベルアップに期待 (2020年6月1日)
私たちの食の安全をまもる法律、食品衛生法が15年ぶりに改正され2018年6月28日公布、2020年6月1日にその一部が施行されました。本改正のポイントは7つあり、それぞれ施行時期や…【全文を読む】
増えるテイクアウト 消費期限は必要? (2020年5月29日)
新型コロナウイルスの影響を受けて、外食店でテイクアウトやデリバリーを新たに始めるところが増えています。利用する側からは、「せっかく買ったけれど何の表示もない」「せめて消費期限があれ…【全文を読む】
食品添加物「人工」「合成」の用語を削除へ 消費者庁がパブコメへ (2020年4月28日)
食品のパッケージに、「合成保存料無添加」「人工甘味料不使用」などと書いてあるものを見かけます。わざわざ使っていないと強調していることから、「合成」や「人工」を冠した食品添加物はから…【全文を読む】
食品表示は適正に 山崎製パン「バター香る」表示の問題点 (2020年4月9日)
消費者庁は3月30日、「バター香るもっちりとした食パン」の表示について、山崎製パン株式会社と株式会社ファミリーマートに「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」の措置命令を出し…【全文を読む】
消費者庁の食品添加物表示検討会 「無添加・不使用表示」の見直しへ (2020年3月31日)
消費者庁は2020年3月31日、「食品添加物表示に関する検討会」の報告書を公表しました。本検討会は2019年4月17日にスタートして、約1年間にわたり9回開催されました。結論から言…【全文を読む】
【新刊紹介】「外食もお酒もやめたくない人の『せめてこれだけ』食事術」 (2020年1月23日)
食生活ジャーナリストの佐藤達夫さんの「外食もお酒もやめたくない人の『せめてこれだけ』食事術」(株式会社ウェッジ)。著者は月刊「栄養と料理」(女子栄養大学出版部)の編集長を経て、20…【全文を読む】
アーモンドがアレルギー推奨表示に追加 & 落花生(ピーナッツ)表記方法が見直しに (2019年11月21日)
2019年9月19日、消費者庁はアレルギー表示について「アーモンド」を推奨品目(特定原材料に準ずるもの)に追加するよう規定を改正しました。また、義務表示品目(特定原材料)7品目のう…【全文を読む】
米国の遺伝子組換え表示が2020年より施行 油や糖類は対象外に (2019年1月18日)
米国農務省(USDA)が2018年12月20日、遺伝子組換え食品の表示に関する最終規則「全米バイオ工学食品情報開示基準(National Bioengineered Food Di…【全文を読む】
2023年4月より「遺伝子組換えでない」表示を厳格化 改正案のポイント (2018年10月19日)
豆腐や納豆などで見かける「遺伝子組換えでない」という表示。多くの方が「遺伝子組換えが全く入っていない」と思うかもしれませんが、現在は5%まで「意図せざる混入」が認められています。…【全文を読む】
米国の遺伝子組換え食品表示どうなる?農務省が情報開示基準案パブコメ中 (2018年5月18日)
日本では遺伝子組換え食品表示制度の見直しが終わったばかりですが、米国では、今まさに検討中。ここ数年、米国の消費者からも表示を求める声が高まり、2016年7月、遺伝子組換え食品の情報…【全文を読む】
伊藤園トクホのキャッチコピー 「多めのかたに」と変わった理由 (2018年3月30日)
パッケージとキャッチコピーが一新された伊藤園トクホの2品 3月15日、伊藤園がニュースリリースで、特定保健用食品(トクホ)の「2つの働きカテキン緑茶」「同カテキン烏龍茶」「…【全文を読む】
遺伝子組換え食品表示検討会 原則はそのまま、「組換えでない」表示だけ見直しへ (2018年3月16日)
消費者庁の「遺伝子組換え食品表示制度に関する検討会」が、2018年3月14日に終了しました。1年にわたって対象品目の拡大や表示方法など議論した結果、任意表示である「遺伝子組換えでな…【全文を読む】
「遺伝子組換えでない」表示がなくなる?第7回遺伝子組換え表示検討会の行方 (2018年1月19日)
「大豆(遺伝子組換えでない)」などと表示されている豆腐、納豆、しょうゆ 消費者庁主催の第7回「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」が2017年12月18日に開催され、「遺伝…【全文を読む】
遺伝子組換え表示検討会 「遺伝子組換えでない」表示の見直しが論点に (2017年12月15日)
消費者庁が、2017年4月より1年間の予定で「遺伝子組換え食品表示制度に関する検討会」を開催しています。前半はヒアリングが中心で、後半9月から表示対象や表示方法について検討が進ん…【全文を読む】
2017年9月1日 新たな原料原産地表示制度がスタート 複雑な表示を見分ける3つのキーワード (2017年9月5日)
消費者庁は9月1日、食品表示法の食品表示基準を改正し、全ての加工食品の1番多い原材料について、原料原産地を義務付けることを決めました。移行期限は2022年3月末まで。漬物など一部…【全文を読む】
加工食品の原料原産地表示 パブコメ受けて経過措置期間「5年間」に延期 (2017年6月16日)
全ての加工食品に原料原産地を義務付けるべく、消費者庁が2017年夏の改正食品表示基準の告示・施行に向けて作業を進めている。同庁が改正食品基準案を公表したのは2017年3月。4月に…【全文を読む】
原料原産地表示のパブリックコメントを出そう (2017年4月7日)
全ての加工食品に原料原産地表示義務化を定めた食品表示基準改正案について、消費者庁は国民の意見を聞くための意見募集(パブリックコメント)を3月27日に開始しました。期間は4月25日…【全文を読む】
韓国が遺伝子組換え食品(GM)表示を改訂 日本の表示との違いは? (2017年3月10日)
韓国の食品医薬品安全省(MFDS)は2017年2月4日、遺伝子組換え(以下GM)食品の改訂表示基準を施行した。韓国のGM表示は考え方が日本と似ており、EUの表示とはかなり異なる(下…【全文を読む】
2017年1月原料原産地表示の説明会 全国で反対意見や質問が相次ぐ (2017年2月10日)
農林水産省と消費者庁は、全加工食品に原料原産地表示を義務付ける方針について、2016年12月~2017年1月にかけて全国で説明会を行いました。北海道から沖縄まで全国9か所で15回開…【全文を読む】
新しい製造所固有記号見つけた!消費者庁HPで検索してみた (2016年12月16日)
先日、近所のスーパーでクリームシチュウのルウを買ったら、外箱表示に新しい製造所固有記号が書いてあるのを見つけました。写真上の商品です。「製造所固有記号は賞味期限表示のカッコ内に記載…【全文を読む】
2017年夏・全加工食品に原料原産地表示の基準改正へ(2)事業者の対応は? (2016年12月2日)
今週11月29日、消費者庁・農林水産省共催の検討会の最終報告書「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間とりまとめ」が公表されました。この先、事業者はどのような対応を求められ…【全文を読む】
2017年夏・全加工食品に原料原産地表示の基準改正へ(1)消費者への影響は? (2016年11月25日)
消費者庁・農林水産省共催の「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」が2016年11月2日に終了し、全ての加工食品について原料原産地表示を義務付ける方針をまとめました。これまで…【全文を読む】
全加工食品の原料原産地表示は、消費者の誤認を招く (2016年10月7日)
消費者庁・農林水産省が共催する「第9回加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」が10月5日に開催された。検討会は取りまとめの段階を迎え、この日は報告書につながる事務局案が示され…【全文を読む】
フライパン「セラフィット」の景品表示法違反 課徴金制度導入によって広告が変わる (2016年9月16日)
消費者庁は2016年9月1日、株式会社オークローンマーケティング(以下㈱OLMとする)が供給するフライパン「セラフィット」の広告表現が消費者の優良誤認をまねくとして、景品表示法にお…【全文を読む】
原料原産地表示検討会が迷走中 提案された3つの表示方法を考える (2016年9月5日)
加工食品を購入する際に「原料原産地名」を参考にしますか?―こう問われれば、多くの消費者が「参考にする」と回答するだろう。しかし、実際には食品によって知りたい度合いは違うのではないだ…【全文を読む】
1 / 41234

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。
 
FOOCOM お役立ちリンク集