ホーム >  専門家コラム > 今月の質問箱 > 記事

今月の質問箱|瀬古 博子

どんなコラム?
いろいろな場面で食品安全や食品表示の質問、疑問に遭遇します。自分なりに、気になる質問のコタエを探したい
プロフィール
消費生活アドバイザー。食品安全に関する広報業務に従事して十数年。個人の考えを書いています

トランス脂肪酸の報道から抜け落ちていること

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2015年8月14日

 前回、『「海外ではマーガリン禁止!?」のウソ・ホント~トランス脂肪酸のまとめ(4月27日)』で、トランス脂肪酸をめぐる海外での状況を書いた。
 その後、6月にFDAから部分水素添加油脂をGRASとみなさないとの決定が公表された。
 このことは森田満樹さんの6月27日付記事(「アメリカのトランス脂肪酸をめぐる日本の報道は?」)に詳述されており、皆様ご存じのとおり。FDAの動きを契機に日本でもトランス脂肪酸の報道が増えたようだ。

 先日も、NHK朝の7時台のニュースでトランス脂肪酸が取り上げられた。専門家の解説とともに、日本国内やアメリカでの状況が紹介され、「トランス脂肪酸だけでなく脂肪全体の摂取量に注意を」とのコメントで締めくくられた。
 日本国内の動きとしては、「トランス脂肪酸を含まない菓子」を製造し、注目を集める企業もあるという。
 北海道にあるその企業では、マーガリンやショートニングを使わず、バターを使うのでコスト高にはなるが、消費者の二―ズがあり、最近は売り上げが1.5倍に伸びたそうだ。

 「あれ?」と思ったのは、マーガリン・ショートニングは不健康、バターは健康的と決め付けたかのような話がすーっと流れたことだ。
 バターに多く含まれる飽和脂肪酸も、とりすぎれば当然ながら健康によくない。
 そして、実は、バターにも天然由来のトランス脂肪酸が含まれる。ただし、天然由来のトランス脂肪酸は、心筋梗塞との関係は低いと考えられている。

 このNHKのニュースも含め、このところの報道を見ていると、原料からのトランス脂肪酸の排除や表示問題をクローズアップする一方、「脂質全体をとり過ぎない」、「飽和脂肪酸をとり過ぎない」など、本来基本的なことについては取り扱いが小さく、印象に残らないことが多い。
 視聴者・読者には、「トランス脂肪酸というのはどうもよくないらしい」ということは伝わるが、通常の日本人の食生活ではトランス脂肪酸の摂取量は少なく、脂質に偏った食事をしている場合では、脂質全体についても注意したいということは伝わりにくい。

 そもそもWHOが「健康的な食事」として、脂肪の摂取について述べているのは次のことだ。
・脂肪の摂取量をエネルギー比30%未満にすることは、成人の不健康な体重増加を防ぐのに役立つ。
・さらに、非感染性疾患(糖尿病、心臓病、脳卒中、がんなど)のリスクは、飽和脂肪酸をエネルギー比10%未満、トランス脂肪酸をエネルギー比1%未満にし、双方を不飽和脂肪酸に置き換えることにより、低減する。

 トランス脂肪酸については、食品からの排除や表示問題が話題にされることが多いが、その摂取について、「エネルギー比1%未満」にするとはどういうことなのか、「不飽和脂肪酸に置き換える」とはどういうことか、具体的なことはわかりにくい。
 消費者が自分で実践できることとして、脂肪全体を含め、自分の摂取状況を知り、食べ方を判断する際に参考になるような、実用的な情報提供がもっとあってもよいのではないか。

⇒ 今月の質問箱記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM お役立ちリンク集