ホーム >  専門家コラム > 今月の質問箱 > 記事

今月の質問箱|瀬古 博子

どんなコラム?
いろいろな場面で食品安全や食品表示の質問、疑問に遭遇します。自分なりに、気になる質問のコタエを探したい
プロフィール
消費生活アドバイザー。食品安全に関する広報業務に従事して十数年。個人の考えを書いています

豆腐のリスク評価 ~ 常温保存可能な豆腐が誕生する?

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2018年2月6日

豆腐といえば、江戸時代に「豆腐百珍」というレシピ本があったほど、日本人にとって古くからなじみのある食品だ。冷蔵庫がなかった時代、豆腐をどのように取り扱ったのかはわからないが、現在のところは、豆腐は、冷蔵での販売、保管が当たり前。

豆腐は、ごくわずかでも細菌に汚染されていたら、保管の温度などによって急激な細菌増殖が起こりかねない。不衛生な取り扱いにより、細菌性の食中毒が起きてしまう。そこで、豆腐の規格基準として、冷蔵しなければならない旨が規定された。1974(昭和49)年のことだ。
厚生労働省 食品別の規格基準について 豆腐(現行)

●常温で日持ちする「無菌充填豆腐」

ところが、現在は、豆腐の製造技術も格段に進歩し、「無菌充填豆腐」というものが作られている。豆乳を、連続流動式の加熱殺菌機で殺菌し、殺菌・除菌した凝固剤を添加し、無菌的に充填した豆腐のことだ。

豆腐は、元々は日持ちしない食品だが、無菌充填豆腐は長く日持ちするという。しかも、無菌充填豆腐は、国内では豆腐の規格基準に沿って冷蔵で流通しているが、海外へは常温保存品として輸出されている。厚生労働省の資料によれば、1986(昭和61)年から、欧州等への輸出・米国での現地製造を常温保存品として行ってきた。欧州等への輸出は、過去10年間で合計約5,995トン、米国での現地製造は過去10年間で約52,000トンで、常温で流通しているが、いずれも食中毒等の健康被害の報告は確認されていない。
厚労省資料 豆腐の規格基準の改正について

         10か月間保存可能な商品も

10か月間保存可能な商品も

無菌充填豆腐は、ネット通販で販売されたり、宅配の商品として扱われたりしている。商品には、「要冷蔵」等の文字があり、10℃以下で保存するよう表示されている。しかし、同じ商品が海外では常温品として扱われ、安全上も問題ないなら、国内でも同じように取り扱いたい、ということが、事業者側から要望された。消費者としても、安全上問題ないことが確認されるなら、商品選択の幅が広がるのはありがたいことだ。

●レトルト食品と同じ、120℃・4分間の加熱殺菌

厚生労働省が豆腐の規格基準の改正を検討し、食品安全委員会にリスク評価を依頼。食品安全委員会が、この無菌充填豆腐について、この1月に示した結論は、「冷蔵保存から常温保存に変更した場合、リスクに差があるとは考えられない」ということだ。厚生労働省が条件として示した殺菌、除菌等の製造工程(120℃・4分間の加熱殺菌等)を経た無菌充填豆腐は、食中毒を起こす危害要因となるボツリヌス菌、セレウス菌が死滅し、最終製品に残存しない(ウエルシュ菌等、その他の菌も死滅する)。ちなみに、120℃・4分間の加熱殺菌は、レトルト食品と同じだ。ただし、厚生労働省の指針に基づき、十分に衛生管理することが前提とされている。
 食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)の改正について
食品安全委員会 評価書詳細 豆腐の規格基準の改正

●「要冷蔵」か「常温可」か、しっかり表示を

この結論は、厚労省にすでに通知された。今後、厚労省で規格基準の改正が整うと、いよいよ常温保存可能な無菌充填豆腐が誕生しそうだ。

現在でも、豆腐は商品によって、日持ちに幅がある。今後、保存温度も異なってくるので、「要冷蔵」なのか「常温保存可」なのか、消費者が間違えることのないよう、保存方法、賞味期限などを、よりわかりやすく表示することが重要になる。

⇒ 今月の質問箱記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM お役立ちリンク集