ホーム >  専門家コラム > めんどな話になりますが… > 記事

めんどな話になりますが…|松永 和紀

どんなコラム?
職業は科学ライターだけど、毎日お買い物をし、家族の食事を作る生活者、消費者でもあります。多角的な視点で食の課題に迫ります
プロフィール
京都大学大学院農学研究科修士課程修了後、新聞記者勤務10年を経て2000年からフリーランスの科学ライターとして活動

女性週刊誌は信用するな!

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2011年4月18日

 記事は削除致しました。
 この記事は、女性週刊誌の記事と、その記事に掲載されていたお二人のコメントを批判したものです。掲載して約2年後の2013年6月18日、お二人のうちのA氏から、メールをいただきました。
 一般論として、女性週刊誌の取材はほとんどが電話で、細かな説明などのコメントが省かれて使用されることが多く、時には読者に誤解を招くように掲載される場合もあるかもしれない、とのことです。週刊誌の記事中のA氏のコメントに対する私の批判は、A氏と週刊誌編集部のやり取りに関する基本的な確認を怠ってなされたもので妥当ではなく、責任は書いた週刊誌の記者や編集、出版社にあり、私はA氏に対して名誉毀損を行っている、と主張されています。本コラムの記事を削除しなければ、私を相手取り提訴する、とのことです。

 経緯不明ながら、女性週刊誌の記事は、A氏が意図した内容ではない、というご主張だと考えます。A氏と週刊誌編集部間で協議し、法的整理を行うべき問題であると考え、とりあえず私の記事は削除することに致しました。(2013年6月30日、松永和紀)

⇒ めんどな話になりますが…記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM お役立ちリンク集