ホーム >  専門家コラム > メタボの道理 > 記事

メタボの道理|佐藤 達夫

どんなコラム?
生活習慣病を予防し、健康で長生きするための食生活情報を提供します。氾濫する「アヤシゲな健康情報」の見極めかたも
プロフィール
食生活ジャーナリスト。女子栄養大学発行『栄養と料理』の編集を経て独立。日本ペンクラブ会員

「本能の命ずるがママ」に食べると健康を害する

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2011年5月24日

●空腹感は脳からの指令

 前回、「長~い間、地球は、すべての動物にとって食料難の連続だった」と書いた。とはいえ、限られた地域で、限られた動物にとって、食料が豊富な時期があったことは否定できない。しかしそんなとき、動物たちは種の保存のために、子どもの数を増やしたに違いない。何年後かには、その動物の個体数が増えるので、やはり食料不足に陥ることになる。
 結果的に、また食糧難が訪れる。つまり「動物の歴史は飢餓の歴史」だといえる。そのため、私たちの体には、飢餓状態を克服する何重ものメカニズムが備わっている。

 その代表ともいえるのが“空腹感”だろう。私たちは食後、数時間経過すると、お腹が空く。血糖値(血液中のブドウ糖の量)が低くなったのを脳が察知する(「摂食中枢」が刺激される)と、「食料の補充をしなさい」という指令を出すのだ。ここで、「血糖値が低くなった」というところがミソだ。
 血糖(血液中のブドウ糖)というのは体の細胞のエネルギー源だ。細胞のエネルギー源としては、血糖がもっとも重要なのだが、それ以外にも筋肉や肝臓にはグリコーゲン(動物性の糖質)という形でエネルギー源が貯えられている。さらには、先進国の人間にあっては、エネルギー源として体脂肪をたっぷりと貯えている(つまりは肥満である)ことが多い。
 体内のエネルギー源が枯渇したわけではなく、血液中のブドウ糖量が減っただけで、脳は「食物を補給しろ」という命令を出す。低い血糖値は「摂食中枢」を刺激し、食欲を増進させるのだ。貯金がたっぷりあるにもかかわらず、財布に現金が入ってないと心配でならず、毎日せっせと働くお金持ちのようだ。
 つまり、肥満者でも、食後一定時間が経過すれば、お腹が空く。

●肥満を抑えるメカニズムは未完成(?)

 ヒト(に限らず地球上の動物はすべて)は、飢餓状態の連続であったために、事情が許せば可能な限りたくさん食べる能力だけが発達して、食欲を抑える能力がまったく必要なかったのだろうか。そうとばかりはいえない。
 もし、体脂肪を過剰に貯えすぎて、動くのが困難になってしまった動物がウロウロしていたら、瞬く間に他の肉食動物の餌食となってしまう。カロリーの塊であってかつ動きが鈍い、というような動物ほど“優れた食品”はない。

 そうはならないための生理的メカニズムも、動物は備えていなくてはならないはずだ。その一つが、摂食中枢と逆の働きをする「満腹中枢」と呼ばれているものだ。血糖値が高まると満腹中枢が刺激され、食後まもなく適度なところで食欲はおさまる。
 血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが働いて、血液中の過剰なブドウ糖をせっせと体脂肪に変えていく。インスリンがしっかり働くと、体脂肪が増える代わりに血糖値は下がる。血糖値が下がれば摂食中枢が刺激され、また、食欲は出てくる。「もう食べられない」という状態は、長続きしないのだ。
 しかも、歴史的には、そんな状態は長続きする必要などなかった。動物の歴史は飢餓の連続だったので、満腹中枢が強く刺激されるほど、潤沢な食料に恵まれることなど、ほとんどなかったからだ。

 ときどき、「動物には健康で長生きするという本能が備わっているはずだ。なので、本能の命ずるがママに食べれば、栄養バランスが狂うこともないし、健康を害することもないはずだ。栄養学など気にすることはなく、むしろ、本能を鋭く磨くことのほうが大切だ」などの説をとく人がいる(たいていは肥満者だが)。
 少なくともヒトの社会にあっては、食べ物が溢れかえっているという環境レベルのほうが、本能がコントロールできるレベルを大幅に超えてしまっている。環境の変化に本能が追いついてないのだ。まことに残念ながら、ヒトは、本能のママに食べていては、健康を害するほど太ってしまう。少なくともヒトは頭で考えて食事をしなければ、健康と長寿は保てない。

⇒ メタボの道理記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。

お知らせ

FOOCOM会員、執筆者がかかわる催し、講演(10/17)
<FOOCOM事務局よりのお願い> 「FOOCOM.NET」にアクセスいただきありがとうございます。私たちは201…【全文を読む】
FOOCOM お役立ちリンク集