ホーム >  FoodScience過去記事 > 松永和紀のアグリ話 > 記事
こちらのページは以前、日経BP社 FoodScienceに掲載されていた記事になります。
当サイトから新規に投稿された記事については、こちらよりご覧ください。

松永和紀のアグリ話

GMナタネの自生を初確認、それで農水省は?

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2004年6月30日

 遺伝子組み換えされたセイヨウナタネが日本の野外でも生育していたとの調査結果を、農水省が6月29日、プレスリリースした。食用油の原料として輸入されたものがこぼれ育ったらしい。組み換え植物が野外で生えているのが見つかったのは、日本では初めてのことだ。

 プレスリリースをもとに、調査結果を簡単に説明しよう。2002年5月、茨城県鹿島港の陸揚げ地点を中心に半径5kmの地域(同県鹿嶋市と神栖町)で、交通量の多い交差点など計13カ所を選び、それぞれ歩道の幅×50mの調査枠を3〜5カ所とって計48調査枠を調べた。その結果、25枠で計113本のナタネの生育を確認した。種子や植物体を採取し遺伝子を分析したところ、種子20点中6点、植物体7点中2点が、除草剤耐性を持つ遺伝子組み換え体、すなわちGMナタネであることが分かった。

 港に近いほど生えているナタネの数が多いことや種子の成分分析などから、輸入されたものがこぼれ落ちたと推測された。さらに03年2月、48の調査枠のうち46調査枠を調べた(2カ所は、工事で調査できなかった)。前年にナタネの生育が確認された24調査枠のうち17調査枠で再び、生育しているのを確認した。前年なかった調査枠4つでも、ナタネが生えているのが分かった。また、新たに設定した2調査枠にも、生えていた。この年の調査では遺伝子分析は行っていないので、いずれも組み換え体かどうかは分からない。

 野外にGMナタネが生えていたといっても、法的にも制度的にも全く問題はない。輸入された種子が、トラック輸送中にこぼれたりタイヤや人の衣服に付くなどして環境中へ出ることは、起こりうるものとして安全性評価が行われ、栽培や輸入が認められているからだ。

 GMナタネのこぼれダネが自生し増殖したり、野生の非GMナタネなどと交雑する可能性はあるものの、「食の安全」を脅かすわけではないことは、この連載で以前にも書いた。(参照記事:「100万tのGMナタネ輸入国日本が考えるべきこと」、「GMナタネで食は汚染されるのか?」)。FOOD・SCIENCEの「GMOワールド」でも、宗谷敏氏が、「我が国の環境に対し固有の悪影響を与える可能性はほとんどない」と論じている。

 私の考えは若干異なるが、環境への影響よりもむしろ警戒すべきは風評被害、という点では宗谷氏と全く同意見だ。茨城県は、GMナタネのこぼれダネが生育→近くのナタネなどアブラナ科植物と交雑→遺伝子汚染→農産物も汚染—-という短絡的なストーリーを描かれることを恐れている。

 県は先週、農水省からこの発表内容を知らされたすぐ後に、農水省の調査地点が位置する鹿嶋市と神栖町の全域を調べたそうだ。非組み換えナタネの栽培地が近くにあれば、花粉が運ばれて交雑の可能性があるためだが、2市町ではナタネの作付けは行われていなかった。陸揚げ後にトラックで運んでいた企業が、既にこぼれダネをなくす対策を講じており、今後新たにタネがこぼれることはないことも、県は確認している。

 以上、プレスリリースに関して重要なことは、ほぼ書いたつもりだ。何も怖いことはありません。どうぞ、安心してください。で、私が農水省の今回の発表から読み取った最大の情報は?

 農水省は変わっていなかった、である。BSE(牛海綿状脳症)問題などを機に変わった、と思っていた。しかし、残念なことに農水省は、リスクコミュニケーションなど実施する気がないのではないか。プレスリリースの難解さが、それを物語る。

 茨城県では昨年、組み換え大豆が栽培されていた畑に農家が無断でトラクターを乗り入れて鋤き込み、警察が捜査に乗り出すほどの事件が起きた。県は、農水省が普通の畑での栽培を認めている農産物についても、独自に規制する指針を定めている。

 ダイズに比べて比較にならないほど交雑しやすく花粉が遠距離を移動するGMナタネが、知らない間に野外にあり人のコントロール下を離れていた、となれば、県民の関心は当然高いはずだ。茨城県だけでなく、北海道や滋賀県も、GM作物の栽培規制条例を検討中。どこも農業が盛んで、GM作物から花粉が移動して交雑することを心配している。地方自治体でさえ、これだけ浮き足立っている。市民は不安なのだ。

 不安だからこそ素朴な疑問がわく。情報がほしい。誰かにきちんと分かりやすく説明してほしい。(1)なぜ、2年前の調査を今頃、発表するのか?(2)こぼれダネが世代交代し増殖していく可能性はあるのか?(3)ほかの港ではどうなのか?(4)GMナタネは、非GMナタネが明治時代に海外から入り込み河川敷に広がったように、広がっていくのか?

 にもかかわらず、今回のプレスリリースの分かりにくさと言ったら途方もない。ご一読いただきたい。多くの人が最初の1ページを読んで、「判じ物にしか見えない。カルタヘナ法だの指針だの、いったい何?」と投げ出すはずだ。ニュース価値が素人には分からないように、わざわざなるべく難しく書いたようにしか読めない。

 農水省はリスクコミュニケーションを自ら、放棄している。これでは、素人は反対派市民団体の“解読”を待つしかない。ちなみに、(3)のほかの港の状況についての農水省担当課の答えは「こぼれダネは、他の港でも起きるだろう。しかし、環境への逸出を織り込み済みで安全性を確認し、栽培や輸入を認めている。従って、他の港の調査は行っていない」というものだった。陸揚げ港を抱える自治体職員が青くなってこっそりナタネを抜いて回る姿を思い浮かべたのは、私だけだろうか。

 私は、遺伝子組み換え反対派には与しない。組み換えには、今後大きな将来性があると思う。上手にコントロールしながら利用していくべきだ、と考えている。遺伝子組み換えは様々な面で誤解されている。間違った情報があふれている。農水省が率先して情報公開を進め、分かりやすいプレスリリースを出して誤解を解き、説明責任を全うしてほしい。青臭いと笑われるが、そう願ってきた。だから、本当にがっかりしている。(サイエンスライター 松永和紀)

⇒ 松永和紀のアグリ話記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】