ホーム >  FoodScience過去記事 > 松永和紀のアグリ話 > 記事
こちらのページは以前、日経BP社 FoodScienceに掲載されていた記事になります。
当サイトから新規に投稿された記事については、こちらよりご覧ください。

松永和紀のアグリ話

種苗会社も巻き込まれる残農狂騒曲を次週掲載

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2006年3月29日

 今週は、体調不良によりお休みさせていただきます。最近、種苗会社が種子消毒をする際に適用外の農薬を使用したり、規定の使用回数を超えて農薬を使ってしまい、農業現場で農作物を廃棄したり、種子を回収する騒ぎが起きています。

 種子消毒は非常に重要な減農薬技術であり、廃棄などの「過剰反応」は避けたいところ。次週、取り上げますので、皆様もご意見をお寄せください。(サイエンスライター 松永和紀)

⇒ 松永和紀のアグリ話記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】