ホーム >  FoodScience過去記事 > 松永和紀のアグリ話 > 記事
こちらのページは以前、日経BP社 FoodScienceに掲載されていた記事になります。
当サイトから新規に投稿された記事については、こちらよりご覧ください。

松永和紀のアグリ話

アフラトキシンは怖い!怒ろう! でも、酒の発がん性もお忘れなく

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2008年9月10日

 事故米を使った可能性のある焼酎の回収が始まった。責任は、事故米を偽って高く売った三笠フーズにある。被害にあった焼酎メーカーの心情を思うとやるせない。だが、農薬の毒性やアフラトキシンB1の発がん性を心配して、エタノールたっぷりの焼酎を回収する行為は、よく考えれば皮肉そのもの。エタノールももちろん発がん物質だからだ。焼酎メーカーは、企業イメージを守るためにも回収するが、「それは無駄。呑もう!」と、言い出す呑兵衛はいないものか?

 アフラトキシン汚染米を原料にした食品を食べる。これは暴論だ。三笠フーズを徹底に批判し、法的にも社会的にも罰し、食品メーカーによる原材料の安全性確認を一層徹底してもらうためにも、今回ばかりは回収が必要だ。三笠フーズと農水省の責任を問い、こうしたことが二度と起きないように食品業界は襟を正さなければならない。

 だが、暴論を承知で言いたい。「風評被害を懸念する食品メーカーの姿」を伝えることによって、風評被害をまき散らすような報道はもういい。三笠フーズや農水省を非難するだけでなく、もう少し冷静にリスクの大小を検討しても良いだろう。

 8、9日に農水省が公表した事故米横流しの流通経路を正しいと考えるなら、次のような食品が発生している可能性がある。
(1)メタミドホスが0.05ppm残留したもち米が使われたせんべいなど米菓
(2)アフラトキシンB1に汚染されたうるち米(米国産0.01ppm、ベトナム産0.02ppm、中国産0.05ppm)が使われた焼酎
(3)アセタミプリドが残留したうるち米が使われた焼酎

 (1)のもち米で残留基準を超えたメタミドホスのADIは、0.0006mg/ kg体重/日(食品安全委員会がリスク評価)。体重50kgの人が毎日0.03mg食べても、一生涯健康に影響が生じない。ということは、このもち米を毎日600g食べても大丈夫ということになる。(1)の米菓には、メタミドホスのリスクはない、と言えるだろう。

 (3)のアセタミプリド残留うるち米については、農水省の資料では残留濃度が公表されていない。が、報道によれば残留濃度は0.03ppmだという。アセタミプリドのADIは0.071mg/kg体重/日(食品安全委員会がリスク評価)なので、体重50kgの人が毎日3.55mg食べても、一生涯健康影響がない。ということは、このうるち米を毎日118kg食べても問題ない。焼酎に加工され、たとえ濃縮されていたとしても、影響の出る量とはかけ離れているので、リスクを心配する必要はない。

 問題は、アフラトキシンB1である。アフラトキシンは遺伝毒性のある発がん物質であり、耐容摂取量は設定されていない。つまり、摂取量は少ないほど良く、ここまでなら大丈夫という量など、とても定められない、ということだ。B1、B2、G1、G2、M1、_M2の6つのタイプが知られており、B1は天然物の中で発がん性が最強とされている。国際がん機関(IARC)は混合物をグループ1(ヒトに対して発がん性を示す)に分類している(IARC資料http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol82/mono82-7A.pdf)。

 日本では、「食品から検出されてはならない」とされているが、アフラトキシンB1 10ppb=0.01ppmを超えるものを陽性として規制することになっている。本欄読者はよくご存知の通り、海外ではトウモロコシやナッツ類に付きアフラトキシンを産生するため、輸入検疫における命令検査の対象になっている。ごく普通にある天然毒である以上、ゼロを求めるのは現実的ではなく、10ppbという規制値が設けられているのだ。農水省も、リスクプロファイルシートを作成している(農水省のリスク管理のページhttp://www.maff.go.jp/j/syouan/soumu/index.htmlから見られる)。

 では、アフラトキシン汚染米が原料として使われていたとみられる焼酎の毒性は? アフラトキシンは現在のところ、加工された食品からは検出されていないようだ。だが、焼酎に含まれるエタノールの割合は25%。アルコール飲料も化学物質としてのエタノールも、国際がん機関からグループ1に分類されている立派な発がん物質だ。(国際がん機関資料)

 アルコール飲料については、日本でも疫学研究が行われており、JPHCスタディとして数々の研究成果がある。男性で、時々飲むグループのがん発生率を1として比較すると、日本酒を1日平均2合未満飲むグループは差がないが、1日平均2合以上3合未満でがんの発生率は1.43倍、1日3合以上で1.6倍になる。日本酒1合は、エタノールで換算すると焼酎0.6合にあたる。

 結局のところ、検出されていないアフラトキシンを怖いと心配して、エタノールを廃棄する行動は、合理的ではない。「事故米は使っておらず安全」と主張する焼酎メーカーの気持ちはわかるが、科学的には判断が難しい。これを機会に、日頃は軽視されがちなアフラトキシンやアルコールのリスクを認識する人が増えてほしいものだ。

 いずれにせよ、三笠フーズは悪質だ。食品業界全体の信頼を損ねた。アフラトキシン汚染米が現在のところ、酒類にしか加工されていないのが、唯一の救いである。酒であれば、アフラトキシンも均一に拡散しているはずで、酒類の検査をすれば全体のリスクを把握できるだろう。

 だが、もし米菓に使われていたら……。通常のコメに混ぜられて売られていたら……。アフラトキシンは事故米に均一にあるわけではなく偏在していたはずで、そうなると今後の対処が非常に難しくなる。

 農水省は横流し流通経路をどこまできちんと解明し公表できるのか? これは、農水省の信頼にも大きく関わる話だ。私は、祈るような気持ちで見つめている。(サイエンスライター 松永和紀)

 当初、『アフラトキシンを産生するカビは日本にはいない』と書いていましたが、誤りです。日本でも、九州、四国など暖かい地域を中心に見つかっていますので、このくだりは削除しました(9月18 日)

⇒ 松永和紀のアグリ話記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOM会員、執筆者がかかわる催し、講演(10/17)
<FOOCOM事務局よりのお願い> 「FOOCOM.NET」にアクセスいただきありがとうございます。私たちは201…【全文を読む】
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。