ホーム >  FoodScience過去記事 > GMOワールド > 記事
こちらのページは以前、日経BP社 FoodScienceに掲載されていた記事になります。
当サイトから新規に投稿された記事については、こちらよりご覧ください。

GMOワールド|宗谷 敏

農家の支持がカギ、カナダGM小麦

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2003年6月2日

CWB(カナダ小麦局)は、カナダ・モンサント社に対し除草剤耐性GM小麦の試用に関する申請を取り下げるよう打診した。輸出先顧客の80%以上がGM小麦に不安感を抱いている現状では、カナダ農民の何億ドル規模の損失につながりかねないという懸念によるもの。

現在世界各国で大規模に商業化されているGM作物は、大きなくくりではトウモロコシが飼料穀物、ダイズとナタネは油糧作物、コットンは繊維原料(綿花)となる。純食糧である小麦の組み換えに対する消費者や加工業界、有機栽培農家などの抵抗感は根強く、モンサント社は立ち往生している。
上述の商業化済みGM作物の場合にも様々な抵抗はあったが、生産者による圧倒的な支持がそれらを上回り、年々栽培面積が拡大してきた。その農家の支持が得られないのでは、モンサント社も苦しい。
ブレークスルーの一つは消費者サイドに明瞭にメリットを提示できる産品の開発だろうが、一朝一夕に可能なものではない。しばらく我慢の時期もやむを得ないのだろう。 なお、シンジェンタ社は英国及びドイツにおいて、限定的ながら耐病性小麦の試験栽培に対する認可を4月に受けている。(宗谷 敏=GMOウォッチャー)

⇒ GMOワールド記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOM会員、執筆者がかかわる催し、講演(10/17)
<FOOCOM事務局よりのお願い> 「FOOCOM.NET」にアクセスいただきありがとうございます。私たちは201…【全文を読む】
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。