ホーム >  FoodScience過去記事 > GMOワールド > 記事
こちらのページは以前、日経BP社 FoodScienceに掲載されていた記事になります。
当サイトから新規に投稿された記事については、こちらよりご覧ください。

GMOワールド|宗谷 敏

農家に優しかった中国のGMイネ〜米・中共同試験栽培調査

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2005年5月2日

 中国湖北省における未承認GMイネの商業栽培疑惑を、Greenpeaceがリリースしてから2週間後、今度は米国と中国の科学者たちがGMイネの試験栽培に関してポジティブな調査結果を公表した。4月29日付Science誌へのリリースは、結果的にGreenpeaceに対する強烈なカウンター・パンチとなった。

参照記事1
TITLE: Genetically modified rice in China benefits farmers’ health, study finds
SOURCE: Rutgers, the State University of New Jersey
DATE: April 28, 2005
 この調査研究は、米国のNew Jersey州立大学Rutgers校とCalifornia大学Davis校および中国科学アカデミー中国農業政策センターの研究者たちにより2001年から実施され、中国の全国自然科学財団と中国科学アカデミーから資金提供を受けている。
 研究対象とされたGMイネは、ニカメイガと葉巻病を媒介するコブノメイガを殺すBt菌遺伝子を導入したXianyou 63と、アフリカ原産のササゲ(cowpea)のニカメイガ抵抗性遺伝子を挿入したYouming 86の2つのトレイトである。
 種子提供を受けた農家はランダムに選ばれ、GMイネの栽培も任意、栽培中科学者の指導は一切受けていない。02年は40人がGMイネを栽培し、対照群としては37人が非GMイネのみを栽培した。03年は、GMイネ栽培が69人、GMおよび非GMイネを栽培した農家が32人であった。
 反収ではXianyou 63が在来種より平均9%高い収量を記録したのに対し、Youming 86は在来種と際だった相違は見られなかった。しかし、Youming 86はたった1つの村で少数の農家により栽培されただけだったため、研究者はデータの不足を注記している。
 殺虫剤使用量では顕著な差が示された。非GMイネ栽培農家はシーズン毎に3.7回殺虫剤を使用したのに対し、GMイネ栽培農家が1回以下だった。これはエーカー当たり15ポンド、80%の農薬減少に相当する。非GMイネ栽培農家は、1ヘクタール(2.471エーカー)当たり8〜10倍の農薬コストがかかったことになる。
 農民や家族への殺虫剤による曝露でも、GMイネ栽培農家が皆無だったのに対し、非GMイネ栽培農家では、02年に8.3%、03年に3.0%が、GMと非GMイネ両方を栽培した農家では、02年に7.7%、03年に10.9%が殺虫剤スプレーに伴う疾患を報告した。なお、殺虫剤が比較的安く手に入る中国では、毎年5万人が被害を受け、500人が死亡(自殺者を含むかどうかは不明)している(05.4.28. BBC)という。
 中国のGMイネ試験栽培に関しては、中国研究筋などから成功の報が度々伝えられてはいたが、実証的データを伴う科学専門誌への発表は今回が始めてである。悔しがったGreenpeaceは、実験設計などにケチをつけているが、
参照記事2
TITLE: Greenpeace claims China is not properly controlling GM trials
SOURCE: ABC
DATE: April 29, 2005
 逆に、環境・健康リスクはデッチアゲだと、科学と健康に関する米国評議会からの批判を浴びている。

参照記事3
TITLE: Gene-Spliced Rice Benefits Chinese Farmers
SOURCE: Ruth Kava, The American Council on Science and Health
DATE: April 29, 2005
 GMOワールドを眺めていて面白いのはバランスである。1つネガティブな出来事が報じられると、それに対応するポジティブなニュースが必ず流れる。逆も真である。今回の中国GMイネ試験栽培成功に関する報道量は、先のGreenpeaceからのリリースのカバーを上回っている。
 Greenpeaceは、中国規制当局の管理の甘さだけを鋭く突けばよかったのだ。それをGMイネ自体にリスクがあるかのごとき科学的データを欠く煽りでリリースを盛大に盛り上げたため、焦点がボケた。GM反対派がよく陥る落とし穴だ。メディアの食い付きは良かったかもしれないが、明らかな作戦ミスである。
 俗に、犬が人に噛みついてもニュースにならないが、人が犬に噛みつけばそれはニュースだという。Greenpeaceなど反対派の不断の努力により、GMはリスキーだという世論がもし社会に形成されているなら、リスクを上回るベネフィットがあるという出来事の方がニュースバリューは高くなる、というような皮肉な現象は決して喜ばしくないのだが・・・。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

⇒ GMOワールド記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOM会員、執筆者がかかわる催し、講演(10/17)
<FOOCOM事務局よりのお願い> 「FOOCOM.NET」にアクセスいただきありがとうございます。私たちは201…【全文を読む】
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。