ホーム >  FoodScience過去記事 > GMOワールド > 記事
こちらのページは以前、日経BP社 FoodScienceに掲載されていた記事になります。
当サイトから新規に投稿された記事については、こちらよりご覧ください。

GMOワールド|宗谷 敏

今年はおとなしく要約してみます〜2009年ISAAA報告書

  • シェア
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share
2010年3月1日

2010年2月23日、ISAAA (国際アグリバイオ事業団)は、2009年の世界のバイテク農作物商業栽培状況に関するプレスリリース とサマリー およびハイライト  を公表した。

 世界のバイテク農作物商業栽培面積は、1億3400万ha(ヘクタール)を記録し、前08年の1億2500万haから7%増加(08年は9.4%増)した。栽培国は前年と同じ25カ国だが、ドイツ(トウモロコシ)が落ち、代わりにコスタリカ(ワタとダイズ)が加わり、中・南米が10カ国を占めたことが目立つ。

 国別の栽培面積では、(1)米国の6400万ha(世界総面積の47.8%)を筆頭に、(2)ブラジル2140万ha(同16.0%)、(3)アルゼンチン2100万ha(同15.7%)、(4)インド840万ha(同6.3%)、(5)カナダ820万ha(同6.1%)、(6)中国370万ha(同2.8%)、(7)パラグアイ220万ha(同1.6%)、(8)南アフリカ210万ha(同1.6%)、(9)ウルグアイ80万ha(同0.6%)、(10)ボリビア80万ha(同0.6%)が上位10カ国を形成する。

 これらにフィリピン50万ha、オーストラリア20万ha、ブルキナファソ10万ha、スペイン10万haおよびメキシコ10万haを加えた15カ国がISAAAの定義するメガ栽培国(5万ha以上)に相当し、残りの10カ国は、チリ、コロンビア、ホンジュラス、チェコ共和国、ポルトガル、ルーマニア、ポーランド、コスタリカ、エジプトおよびスロバキアだ。

 EUのBtトウモロコシ栽培面積は80%の7万6057haを占めるスペインを筆頭とする6カ国だが、ドイツの撤退により9万4750haと前年の10万7719haから12%下落した。一方、発展途上の7カ国が目立った増加率を示し、特にブルキナファソ1353%、ブラジル35%、ボリビア33%などが顕著であり、EUの落ち込みは中・南米諸国を中心とする伸びによってカバーされた形になった。

 作物別の割合では、ダイズが52%の6920万h(前年6580万ha)、トウモロコシが31% の4170万ha(同3730万ha)、ワタが12% の1620万ha(同1550万ha)、ナタネが5% の640万ha(同590万ha)であった。

 トレイト別では、除草剤耐性が62%の8360万ha(前年7900万ha)を占め、複数のトレイトを併せ持つスタックが21%の2870万ha(同2690万ha)と躍進し、害虫抵抗性は15%の2170万ha(同1910万ha)と報告されている。

 25カ国で1400万人(前年度は25カ国1330万人)の農家がバイテク農作物を作付けたが、その93%に相当する1300万人は、発展途上国の農家であった。ISAAAは、15年までに40カ国2000万人の農家が2億haにバイテク農作物を栽培すると予想する。(ISAAA報告の概要終わり)

 さて、こちらも恒例となったFriends of the Earth Internationalからの対抗報告書Who benefits from GM crops も、10年2月23日に発表された。しかし、さすがに飽きられたのか、メディアのカバー数は年々減少の一途を辿っている。まあ、来年も(ISAAA報告書が継続する限り)意地と根性でFOEIも継続発表するのであろうが。

 昨年、一昨年 と、これら2つの報告書に対して筆者は厳しい見方を示したが、今年もそれはあまり変わらない。しかし、それらの理由を繰り返すことにはいささか疲れたので、米国コロンビア大学が資金提供し、各報道機関のパフォーマンスを調べているジャーナルからの論考(のリード)に代弁させたい。タイトルと書き出しを見れば、言いたいことは明瞭だろう。
http://www.cjr.org/feature/seeds_of_change.php

TITLE: Seeds of Change? Why we need independent data on genetically modified crops

SOURCE: the Columbia Journalism Review, by Georgina Gustin
DATE: Feb. 25, 2010

 ちなみに、10年2月26日に東京で開催されたCBIJ(バイテク情報普及会)主催のISAAAレポート報告会を、筆者は傍聴しなかった。自身の都合もあったのだが、会場まで出かけて行って「相変わらずブル(強気)だね〜、Clive!」などと言わずとも、ISAAAのサマリーやハイライトに目を通しただけでClive James氏が述べるであろうことは、あらかた察しがついてしまったからでもある。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

⇒ GMOワールド記事一覧へ

専門家コラム一覧

FoodScience 過去記事

以前、他のサイトで掲載されていた記事をこちらより選択してご覧いただけます。

お知らせ

FOOCOMが「第1回食生活ジャーナリスト大賞」を頂くことに決まりました(3/28)
FOOCOMはこのほど、食生活ジャーナリストの会(JFJ)の「第1回食生活ジャーナリスト大賞(ジャーナリズム部門)」…【全文を読む】
FOOCOM.NET 会員募集 科学的根拠に基づく食情報を消費者に提供するために、ご協力ください。